土間コンクリートの表面に現われる白いもの綿状(白華・エフロレッセンスについて)

土間コンクリート補修会社が語る。白華(エフロレッセンス)について

職業柄でしょうか。
移動中の際、無意識にいろんな駐車場をじっと観察してしまう癖があります。
今回のテーマは白華(エフロレッセンス)についてお話をします。

コンクリート土間、モルタル、タイルやブロックの表面に白い綿状の斑点が露出しているのを目にすることがあります。
それらを白華、またはエフロレッセンスと言います。

この白華(エフロレッセンス)は、セメント中に含まれる硫酸塩・炭酸塩が水に溶けた後、水が蒸発し析出し炭酸化反応によって水酸化カルシウムが空気中の二酸化炭素と反応した炭酸カルシウムなのです。

発生しやすい場所の特徴は透水しやすく低温多湿な場所。
その他、不均質な施工による材料分離によって引き起こすケースもあります。

この白華には、第一次白華と第二次白華があります。
第一次白華とはコンクリート中の水酸化カルシウムが水に溶けて表面に移行し、大気中の炭酸ガスを吸収して露出するケースと、雨や結露がコンクリートに浸透して 発生する第二次白華があります。

白華は美観を損なうことはもちろん、放置しておくと拡大したり、カビや汚れなどが固着増殖します。
また経年過ぎた白華は表面を削るなどの除去が必要となります。
最近市販でも白華除去のアイテムがリリースされていますが、白華除去は現場の状態によって作業方法が細分化されます。安易な補修により変色や退色した事例もあります。その場合はさらに変色補修と他素地との色合わせ補修が必要となります。「しまった!!」とならない為にも白華(エフロレッセンス)はコンクリート補修のプロにお任せすることをオススメします。

白華・エフロの除去は東海技巧までご相談ください。
白華はコンクリート以外にタイル・ブロック塀、あらゆる場所に対応可能です。



全国対応可能です。
○北海道地方 道北 道東 道央 道南 ○東北地方 北東北 南東北 ○関東地方 北関東 南関東
○中部地方 北陸 東山 東海 ○近畿地方 北近畿 京阪神 畿内 南近畿 ○中国地方 山陰 山陽 瀬戸内
○四国地方 北四国 南四国 瀬戸内 ○九州地方 北部九州 東九州 中九州 西九州 南九州


愛知・岐阜・三重・滋賀・京都などの近郊のご相談もお気軽にご連絡ください。